私たちが目指すのは社会の生命線になること

第15回金沢城リレーマラソンに参加しました。

9
5月15日、今年もライフグループは金沢城リレーマラソンに参加いたしました!ライフグループは今年で4回目の参加となります。筆者は初めての参加となるので、ワクワクしながらこの日を待ちわびていました。
8
今年は本当に天候に恵まれました!快晴も快晴!逆に日差しが容赦なく降り注ぎ、とてつもない暑さと肌の痛みに耐えなければならないほどでした。
 
2
出走前の様子。屋台や芸人の方などもきており、お祭りのような感じで大盛り上がりでした!みんな笑顔で楽しそうですね!真ん中左の画像の筆者(♂)だけが、緊張と不安で顔が引きつっていますね・・・。
 
今年もライフグループは、Aチーム(本気)とBチーム(思い出)の2チームで出場しました。
Aチームは、グループ内でも名前が轟くほどの強者ばかりが集まった最強チームです。オーラが違いました。
Bチームも負けず劣らずの強者ぞろい。筆者はBチームの走者でしたが、足を引っ張らないか本当に心配でした。
 
スタートが迫り不安と緊張が増す中、仮装ランナーの皆様を発見!グラディエーターさん、バイキンマンさん、フリーザさんなどなど、すごい面々に思わず笑ってしまいました。皆様のおかげで緊張もなく万全の状態でレースに望むことができました。こういった仮装ランナーの方を見るのも、金沢リレーマラソンの醍醐味の一つですね。
 
そしていよいよゴール前に集合がかかり、午前11時にAチーム、Bチームともレースを開始しました。
 
3-1
左がBチーム序盤走者の久住さん(SS)と外山さん(KS)、右がAチーム序盤の走者坂口さん(LP)、橋本さん(LL)、土井さん(LC)です。探り探りになる序盤にも関わらず、みなさん素晴らしい好タイムを叩き出していました。
 
4
続きまして、左がBチーム走者の中村誠さん(LI)、舟元さん(LI)、中村真知子さん(LP)、右がAチーム走者 平松さん(背)(LI)、彦田さん(SS)、根元さん(SS)です。序盤の流れを崩さず、こちらもまた素晴らしい好タイムでタスキをつないでくださいました。汗だくでフラつきながら倒れこみ、酸素ボンベを吸うみなさんを見て、筆者は「もう死ぬ気で走ろう」と覚悟を決めていました。
 
5-1
そしていよいよBチーム筆者:外山(BP)の出番がきました。画像は明らかに別の人にピントが合っていますね。悪意を感じます。しかし、「死ぬ気」で走り、文字通りゾンビのような状態でタスキをつなぐことができました。小山さん(LT)、そして山城代表とタスキで繋がる光景を見て、とても感慨深いものがありました。これこそリレーの醍醐味ですよね。そしてAチームですが、このときすでにBチームは1週差をつけられてしまいました。それほどAチームの皆さん、高井さん(LC)、滉大くん(山城代表の息子さん)、清水さん(LA)は早かったです!
 
6
ラストスパート!Bチームは坂本さん(LL)、杉森さん(LC)が走者でした。灼熱の中、フラフラになりながら走っている姿に、本当に応援せずにはいられませんでした。そしてBチームのアンカーは我らがバズポイントの宮島さん!「俺は無理だーっ」と前日の夜に叫んでいた宮島さん、なんと8分10秒という好タイムでフィニッシュを飾りました。その走りにも感動しましたが、前夜の演技力に僕は感動しました。全部嘘だったんですね。
 
Aチームは中村さん(LA)、そしてアンカー小野さん(LH)でラストスパート!Aチーム皆さん早すぎます。特に小野さんは7分43秒とアスリート並です。走り終えた後崩れ落ちた小野さん。本当にお疲れ様でした。
 
そして結果発表!なんと!Aチーム382チーム中33位というとてつもない記録を叩き出しました!素晴らしいですね!そしてBチームは382チーム中260位というとても綺麗な順位を叩き出しました。結果もそうですが、やはり達成感が何よりも大きかったと感じます。やはりマラソンは走らないとわからないものですね。今回の大会で走る楽しみを知ることができて本当に良かったです。
 
最後に輝かしい完走証と、新聞に掲載された記事をご覧ください!
10
 
7
本当に楽しい1日でした!また来年も、みなさんがんばりましょうね!
 
 
BP 外山